第32回Incontraワイン会も無事に終わりました。

ご参加下さったお客様ありがとうございます。

今回は初めての試みでイタリアワインとニューワールドのワインの飲み比べでした。

私個人的には、やはり慣れ親しんだイタリアワインが好きでした。

でも、同じ葡萄品種でも場所や気候、造り手が違うとこんなにも違いがあるという事。

また、機会があれば企画したいとおもいます。

 

 

  1. 玉ネギのオーブン焼き 生ハムジャーキーとラスパドゥラチーズ

2019-1-1

 

SANTERO BRUT VINO SUPMANTE  サンテロ ブリュット ヴィノ スプマンテ : ピエモンテ州

シャルドネ主体

VALDIVIESO BRUT バルディビエソ ブリュット :チリ セントラルヴァレー シャルドネ主体

 

  1. コウイカときんかんのピクルス 緑のソース

2019-1-2

 

LE MARSURE SAUVIGNON レ マルスーレ ソーヴィニヨン :フリウリヴェネツィアジュリア州

TINPOT HUT SAUVIGNON ティンポット ハット ソーヴィニヨン:ニュージーランド マールボロ

 

  1. カブと蕎麦の実のミネストラ

2019-1-3

 

CANTINA BOLZANO PINOT NERO カンティーナボルツァーノ : トレンティーノアルトアディジェ州

TINPOT HUT PINOT NOIR ティンポット ハット ピノノワール:ニュージーランド マールボロ

 

  1. 仔羊のラグー

2019-1-4

CANTINE AURORA ERA SYRAH カンティーネアウローラ エラ シラー:シチリア州

DEL SUR SYRAH RESERVA デルスール シラー レセルバ :チリ セントラルヴァレー

 

  1. 豚肩ロースとキノコの煮込み

2019-1-5

 

De PUppi MEROT デ プピ メルロ:ヴェネト州

ANDELUNA ALTITUD MERLOT アンデルーナ アルティトゥ メルロ: アルゼンチン

 

  1. リンゴのジェラート

2019-1-6

 

2019-1-7

 

 

 

 

2019年はじめのワイン会です。
今まではイタリア各州をテーマに行ってきましたが、今回は国際品種の飲み比べです。
国際品種である、シャルドネ、ソーヴィニヨンブラン、カベルネソーヴィニヨン、メルロー、ピノノワールの5種の葡萄を使ったワインをイタリア産と各国のワインとの飲み比べ。
同じ葡萄を使っていても、土壌や気候、造り手によってこんなにも違いがある。そんなワイン会です。

1/30(水)・1/31(木)
19:00~スタート
参加費:¥10.000- 【税込】
定員:各日12名

参加のお申し込みはお店にTelまたはフェイスブックに直接メッセージでお願い致します。

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.